TOP

割れたiPhoneは自分で修理

自分でiPhoneを修理できる?

iPhoneのガラスが割れたとき、自分で修理する人もいます。確かに表面を覆っているガラス部分だけが破損したのであれば、交換するのもそれほど難しくなさそうです。

ただし、自分で修理すると直せなかったときに保証対象外としての取り扱いとなります。iPhone本体の構造を熟知し、細かい作業にも自信があるという人でなければ不安があるかもしれません。

自分で修理するメリットは、なんといっても費用が安く済むことです。ガラスが割れた場合はタッチパネルガラスと液晶パネルのセットを購入し、持っていない場合は工具も合わせて買い求めます。最新機種であれば2万円以上する修理代が、パネルのセットであれば3,500円程度で済みます(ただし別途送料がかかります)。

パネルセットはiPhoneのパーツ専門店で販売されています。インターネットで検索すると卸売販売店が見つかりますので、必ず機種に合ったものを選びましょう。誤った商品を購入すると使えないばかりか、お金も無駄になってしまいます。

工具は精密ドライバーを使用します。ペンタローブ用とプラスドライバー、ピンセット、さらにヘラが必要です。ホームセンターなどで購入することができます。あるいはiPhone専用の工具セットがありますので、それを買っても良いでしょう。

iPhoneはこうして修理しよう

それでは、簡単にiPhoneの修理方法をご紹介しましょう。

最初に電源をOFFにし、SIMカードを抜いてから裏側のガラスカバーを外します。次に本体の底部分にある2本のペンタローブネジをドライバーで外し、カバーのロゴ部分を上にずらすように押してガラスカバーを外します。

ふたが外れたらバッテリーを固定しているねじを外し、ヘラで持ち上げるようにコネクタを外します。次にバッテリーの底から表面に出ているテープを引っ張ってバッテリーを外します。接着剤で固定されていますので、力を入れて引っ張りましょう。

次に本体上部のコネクタカバーを外します。全部で5本のねじがありますので、右の2つのねじはそのままにしてほかの5本を外しましょう。2か所の爪に引っかかっているカバーを外すとコネクタが見えますので、6つのコネクタをヘラを使って外していきます。そして本体の左上にあるカメラユニットを取り出します。次にSIMカードが入っていた部分のねじを外してコネクタカバーを外し、ヘラでぐいっとスピーカーを持ち上げて取り出します。

次に隣にあるロジックボードを外し、やっとタッチパネルガラスと液晶パネルを外します。ねじが全部で10本ありますので注意しながら作業しましょう。あとは新しいパネルに交換し、逆の順番で組み立てていけば作業は完了です。

器用なメカ好きでなければiPhoneの自己修理はお勧めできない

iPhoneの修理方法を文章にすると非常に面倒に感じられますが、実際に小さなねじや部品を取り外し紛失しないように、かつ位置を忘れないようにしなければなりません。写真付きの説明や動画で修理方法を紹介しているサイトもありますが、自分で修理するのは基本的にはプロフェッショナルに限られていると考えた方が良いでしょう。

普段から機械の修理をしている人、精密機械を分解するのが趣味という人は、楽しみ半分でやってみても良いかもしれません。しかし、配線も一人でできない、家具のねじを締めると元のように閉められない、といった人は細かい作業をこなすのは難しいでしょう。

せっかく高いお金を出して購入したのですから、プロに修理してもらう方が安心ですし確実です。故障をきっかけに買い直すという方法もあります。iPhoneは日々進化していますので、新しい機種を使いたい人は思い切って買い直しても良いかもしれません。

元通りに治せなくなったうえにデータも破損してしまっては最悪です。修理代が惜しい気持ちは分かりますが、業者に依頼するようにしましょう。