TOP

iPhone割れ修理を値段で比較

安心感の大きさで選ぶならアップルストアで修理を

iPhoneのガラスが割れたら操作ができなくなってしまうことがあります。操作ができればまだ良いのですが、タッチパネルを触っても反応しないときはすぐに修理したいですよね。

しかし、そんなときでも迷ってしまうのが料金です。コストはなるべく抑えたいけれど、早く治してほしいし、今後故障することがあってもきちんと直してもらいたい。となると、お店選びの基準はどうすればよいでしょうか。

末永く使いたい、万が一の故障にも補償を受けられるようにしたい、という人はアップルストアに依頼するべきです。購入するときに「AppleCare+」という補償サービスに入っておけば、いざというときも格安で直してもらうことができます。1回につき7,800円という値段は魅力的ではないでしょうか。データはいったん消去されますが、バックアップを取ってもらえば修理後も元通りに使えます。

アップルストアに郵送で依頼すると手元に戻ってまでに1週間ほどの期間を要します。しかし、iPhoneを仕事にも使っている人はなるべく早く対応してもらうのに越したことはありません。そこで急ぎの場合はApple正規サービスプロバイダへの持ち込みがおすすめです。ただし、最新機種のタッチパネルは在庫が希少な場合がありますので、近隣の店舗で直してもらえるとは限りません。

もう少し費用を抑えるなら非正規の修理業者へ

アップルストアは値段が高いけれど、早く確実に修理をしてもらいたいという人は非正規の修理業者に依頼すると良いでしょう。アップルストアの半額以下でできますし、早く仕上げてもらえるのは大きなメリットです。また、本体に保存しておいたデータも残してくれるのは良心的といえます。

ただし、Apple社以外の人が本体を開けた時点で正規サポートは受けられなくなってしまいます。たとえ「AppleCare+」に入っていたとしても、もう7,800円では修理してもらえません。業者によっては技術や知識に乏しく、元のように組み上げられないこともありますので注意が必要です。

業者を選ぶ際に大切なのは、インターネットなどで評判を調べることです。もちろん値段が納得のいく金額であることも重視したいですが、「手元に戻ってきたら使えなくなっていた」などの口コミがあった場合は、注意が必要です。その口コミの信憑性を含めて、利用するかどうかよく検討しましょう。

また、自宅や職場から近いお店だけでなく、宅配で修理依頼できるお店を探してみるのもおすすめです。できるだけたくさんの情報を比較して決めた方がスムーズに探せます。宅配で依頼する際は送料の有無も大切ですが、段ボールや緩衝材などの梱包キットを無料で送ってくれる方が助かりますね。

安さで選ぶなら自分で修理を!

何といっても最も安い方法は自分で修理することです。ガラスやタッチパネルのセットを買い求め、精密ドライバーを用意すればあとは分解して割れたパネルを取り除き、新しいものに交換してから分解したときと反対の順番に組み上げていけば完了です。

自分で修理すれば5千円もかからずに材料を購入できますし、修理代も必要ありませんが、パネルを取り扱っている卸売業者が近くになければ通信販売で購入することになります。

このようにメリットがありますが、細かいねじや部品がたくさんありますから、ふたを開けてみただけでそれぞれが何の部品かが分からなくなることが多々あります。分解はできても元通りに戻すことができなければ修理は失敗です。ねじが垂直に入らず締め切れなかったり、部品やねじが余ってしまったり、といったことになると大変です。iPhoneは精密機械ですから、ねじ一つきっちり閉められないようではトラブルの原因になりかねません。

確実に直すならアップルストアで、もう少し安く済ませるなら非正規の業者で、安さ重視で腕前にも自信があるのであれば自分で、という選択となります。あなたならどの方法を選びますか?