TOP

iPhoneが割れたら携帯電話会社

携帯電話会社はiPhoneの修理を受け付けてくれないことがある

iPhoneが割れたとき、ドコモ・ソフトバンク・auなど携帯電話会社でも修理を受け付けています。受け付けは窓口やオンラインで行っています。

各キャリアはあくまでも受け付けるだけで、修理サポートは行っていません。iPhoneの修理はあくまでもAppleが行うことになっており、携帯電話が自社で対応をすることはないのです。携帯電話会社にとってiPhoneは他社製品ですので、ドコモ・ソフトバンク・au等のキャリアにできることは受け付けるだけです。SIMカードも専用のものが必要です。

そのため、実質はアップルストアに依頼するのと同じことになります。どちらにしてもお金がかかりますが、加入したときに勧められる任意サポートが適用されれば安く済みます。適用外になることもありますので、補償内容についてはしっかりと加入時に確認しておきましょう。また、ポイントを費用にあてることができる場合もあります。

近くにアップルストアがない人は携帯ショップに依頼しよう、と思うものです。しかし、自社での修理は行っていないからといって受付そのものを断るケースもあります。その場合にはオンラインで申し込み、アップル社の窓口に郵送することになります。

iPhone専用の補償サービスに加入する

ドコモではiPhone専用の補償サービス「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」が用意されています。これは月額料金制で機種によって料金が異なります。毎月料金を納めれば、1回あたり7,500円で修理を受けることができます。ただし、1年間に2回までという制限がありますので注意が必要です。譲渡品や貸与品、拾得物は補償の対象外です。

補償範囲は水濡れ・全損・紛失・盗難・購入から1年を超えた自然故障といった一般的なもので、自分で分解して直せなくなってしまった場合は含まれません。なお、1年以内の自然故障はメーカー保証による修理サービスが適用されます。さらにドコモプレミアムクラブ会員であることが加入条件です。購入日を含めて14日以内に申し込まなければなりませんので、購入するときに補償を利用するかどうかをすぐに決める必要があります。

ソフトバンクの場合は月額料金制の「あんしん保証パック」が用意されています。購入時に加入すれば月額使用料が1か月間無料になるサービスもあります。その内容は故障・破損・水濡れ・全損・盗難・紛失・電池消耗です。なお、修理の受け付けはショップでは行っていません。ただし代替機は貸し出ししています。

補償サービスは月額料金がかかる

auではiPhone/iPad修理代金サポートが用意されています。これはauスマートパスの会員になることが条件となっています。自損や水没によって壊れてしまった場合、最大14,444円(税抜)を負担してくれます。AppleCare+に入っていれば実質0円で修理できますので、メーカーのサービスと同時に加入しておくと安心というわけです。

ドコモ・ソフトバンク・auの3社を見ると、iPhoneの修理は月額制の補償サービスに入り壊れたときに安く抑えるか、サービスには加入せずに高い代金を支払うか、のどちらかになります。ですから、普段からよく落としてしまう人やなくすのが心配な人、用心をしておきたい人には月額制の補償に加入しておくと精神的な負担が少なくなります。

逆にほとんど落としたり壊したりしない人や、利用するか分からないサービスのためにお金をかけたくない人はサービスに加入しなくても損をすることはありません。結局サービスを利用しないままメーカーの保証期間が終わってしまう人もいます。いずれにしても、保存データのバックアップは行っておく方が安心です。